調剤薬局の共栄堂共栄堂

メッセージ

あなたが将来なりたいのは、どんな薬剤師ですか?

「患者さまや地域社会のために、私たち薬剤師ができることがもっとあるのではないか」。
昭和23年の創業以来、私たち共栄堂が追いつづけているテーマです。当社は医療現場や社会の変化に応じ、常に新しいチャレンジを行ってきました。近年多く取り上げられている地域包括ケアシステムに伴う在宅業務についても、早くから力を入れて取り組んできました。今後も国の施策や方針に柔軟に対応しながら組織体制を整え、異業種との連携も強化しながら、地域医療の現場で活躍する薬剤師の育成を目指していきます。
信頼される薬局づくりはもちろん、私たち薬剤師にできることを常に模索し、その役割と存在感を示していくことが重要です。私も一人の薬剤師として、みなさんの成長の機会、活躍の場をさらに広げていきたいと考えています。使命感を持って働く薬剤師の先輩たちも、みなさんのチャレンジを待っています。ぜひ、私たちと一緒に地域医療の未来を切り拓いていきましょう。

株式会社 共栄堂
会長 小林 清

人事部長メッセージ

共栄堂はどんな会社?

 いつも学生のみなさんに話すのは、共栄堂には店舗の数だけ「顔」があるということ。総合病院前、単科の個人医院、新興住宅街の医療モール、駅中のクリニックなど、それぞれまったく顔の違う84店舗(2015年10月現在)を展開しています。新卒の薬剤師には、「入社3年くらいはいろいろな店舗を回って、いろいろな薬剤師の仕事を見てもらうよ」と言っているんです。3年目くらいから本人の希望や適性に合わせ、一つの店舗でじっくり経験を深めてもらっています。その後も1年に1回は異動の希望を取ります。県内全域に店舗がありますから、結婚や引越しによる異動にも柔軟に対応しています。

共栄堂で働く魅力は?

 他と比べて特別なことをしているわけではありませんが、丁寧な研修と充実した設備、現場の裁量に任される部分が大きいことなど、いろいろな意味で恵まれた会社だと思います。学会で発表したい、資格を取りたいなどの希望があれば、会社は最大限バックアップします。そいう企業風土が昔からあるのです。

求める人物像は?

 ひと言で表現するなら「おもてなしの精神」がある人。相手の1歩先、1秒先を読み、相手の望むものを差し出すことができると「気が利くね」と誰にでも喜ばれますよね。患者さま、医師、スタッフから信頼されるのは、相手を思い、言葉や行動で表現できる人だと思います。

学生へのメッセージ

 共栄堂は店舗数が多くても、先端まで情報共有ができている会社です。普段のがんばりは本社にしっかり伝わっていますので、業務や経験に応じてキャリアアップできます。これからの共栄堂は、健康、病気、薬品などについて「気になることがあったら、あの薬屋に行けば何か教えてくれる」と言われる存在を目指したい。もっと身近で、患者さまをお薬で楽にしてあげられる存在でありたいと願っています。
たくさんの「顔」を持ち、たくさんの薬剤師がいる共栄堂で、理想の薬剤師像を見つけてほしいと思います。自らチャレンジできるみなさんとの出会いを楽しみにしています。

採用情報

CM放送中
採用情報
ささえーる
ささえーる
お問い合わせ