調剤薬局の共栄堂共栄堂

地域包括ケアシステムと薬剤師の役割

地域包括ケアシステムとは、少子高齢化、医療制度の改革、そして医療費の抑制などさまざまな背景から、高齢者や慢性疾患を抱える方でも、病院に長期入院するのではなく、住み慣れた地域や自宅で療養を続け、自分らしく暮らせる仕組みを整える「医療・介護・住まい・生活支援・予防」一体のケアシステムです。
共栄堂は地域包括ケアシステムの中核を担う、充実した在宅医療を行うために必要不可欠なチーム医療に、薬剤師として貢献するために取り組んでいます。

多職種連携によるチーム医療

image1

在宅医療における薬剤師の役割

ご自宅での療養を希望される患者様に対し、処方されている薬剤について正しい服薬法、管理方法などを助言することが在宅医療における薬剤師の役割です。
医師や看護師、ケアマネージャー、理学療法士、作業療法士などの医療チームとの連携はもちろん、患者様のご家族から地域の方々まで、人と人とのつながり・絆がベースとなる地域密着型の取り組みとして、個々の生活状況を把握し、健康づくりや衛生指導などさまざまな角度から患者様をサポートすることが求められています。

地域の薬剤師として

患者様個々の体調やライフスタイルにあわせたお薬の適正使用を通じて、最適な医療を受けていただくことは勿論、介護をされているご家族の負担を少しでも軽減することだと考えています。
そのために、当社ではいち早く在宅グループを発足させ、最前線で活動する薬剤師が、患者様の立場にたって在宅医療を進めています。また、定期的に在宅医療に関わる研修会を開催することで薬剤師のスキルアップや薬剤師スタッフのケアマネージャー資格取得も行っています。

地域医療支援

CM放送中
採用情報
ささえーる
ささえーる
お問い合わせ